ワキガの治療と手術 part.2


ワキガの手術には切除法、剪除法、吸引法、皮下組織削除法がありますが、切除法、剪除法については「ワキガの治療と手術 part.1」をごらんください。

●吸引法
ワキガ手術の吸引法とは脂肪吸引法といってもともと腹部、太もも、腕、顎などの脂肪をとる美容外科の方法で、吸引機に金属の棒を付け、脂肪組織を吸い出します。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺をこの脂肪吸引の器械で取り除く手術法で、皮膚の切開も小さくてすみますし、術後の回復も早いようです。

ただし、ワキガの原因となるアポクリン汗腺は皮下脂肪の部分だけでなく、真皮にもあるため、完全に取ることができません。

このワキガ手術から更に超音波吸引法とよばれる高温を発生する器具を加えた方法も開発されましたが、皮膚にダメージを与えやすいため注意が必要です。


●皮下組織削除法
ワキガ手術の皮下組織削除法とは、稲葉クリニックで開発されたイナバ式皮下組織削除法と呼ばれるもので、特許取得された「皮下組織削除器」を使用し、皮膚の裏側にあるワキガの原因組織を削り取る方法です。

日本医師会から「最高優功賞」を受賞されたワキガ手術法で、ワキガだけでなく多汗症にも有効です。

●スキンケア式トリートメント法
このワキガ手術法は、剪除法とイナバ式皮下組織削除法を組み合わせた治療法です。

2時間前後の時間をかけて、臭いの素となるアポクリン汗腺と汗の素となるエクリン汗腺を取り除く為、ワキガの治療効果が高くなっています。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。