日焼け止め


この季節、紫外線から肌を守るUVケアはかかせません。

それにしても日焼け止めに記載してある表示の意味を知ってました?

大きい数字の方が防止効果が高いんだろうなぁと思うけどホントは何なんだ?

ということで調べてみました。

SPFとはSun Protection Factorの略で紫外線のなかでもUVBに対する防止効果を表します。

PAとはProtection of UVAの略でそのままUVAに対する防止効果を表しています。

紫外線の記事で書いたように紫外線には波長の違いによってUVAUVBがありますが、SPFPAってこの二つに対するそれぞれの防止効果を表示したものだったんですね。

ちなみに・・・

SPFの後ろにくる数字は2から50まであり、何もつけなかった場合と比べた効果の倍数になっています。主に黒くなるのを防ぎます。

PAの方は後ろにくる「+」の数が1つから3つになっていて、「PA+」は効果がある、「PA++」は効果がかなりある、「PA+++」は効果が非常にあるという意味で、こちらは赤くなるのを防ぐそうです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 美容・ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。