浴衣


といえば浴衣

花火を見たり、夏の夜のデートといえば定番ですね。

もともとお風呂上がりに肌の水分を吸い取らせるための「湯帷子」(ゆかたびら)という衣類だったという浴衣。この「ゆかたびら」から「ゆかた」になったそうです。

いわばバスローブのような感覚だったのでしょうね。

今年の浴衣は薔薇や桜、牡丹など女の子らしい花柄が多いようです。

襟元や帯にレースをあしらい、カゴバッグを手にすれば今年らしい着こなしが楽しめます。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 季節もの
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。