じゃがいもで食中毒


東京都内の小学校の児童生徒が自分たちで栽培したジャガイモを食べ食中毒にかかったそうです。

ジャガイモカリウムビタミンC、食物繊維などが多く含まれ、胃潰瘍を改善したり、疲労回復などに効果がある野菜です。

いつでもどこでも手に入れることのできる食材ですが、皮や芽の部分にはソラニンという有毒物質が含まれています。

このソラニンによる中毒は頭痛、嘔吐、下痢を訴え、場合によっては呼吸困難となり死に至ることもあります。

皮をむき、芽の部分を取り除くことで解消されます。

ジャガイモは直射日光にあたると皮も緑色になります。
緑の皮には特にソラニンが多く含まれるので暗所で保存し、皮や芽をよく取り除いて食べることが肝心です。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。