花火師


花火大会と言えば夏ですが、梅雨もあけないうちから各地で行われています。
尺玉と呼ばれる打揚花火は美しく迫力もあり、見入ってしまいます。

あの美しい花火を打ち上げるにはとても危険で大変な作業に違いないと思いつつ、こんなに人々に愛される花火を仕事とするのはその危険と比例した喜びもあるのだろうと思います。

そんな花火師さんの正式名称は『煙火打揚従事者』。
現在日本では火薬類取締法によって製造から消費まで規制されています。
打揚花火に限ってはこの『煙火打揚従事者』資格がないと取扱うことができなくなっています。

そのためには「火薬類取扱保安責任者」の資格試験を受ける必要があり、資格試験は毎年8月に各都道府県で実施されているそうです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 季節もの
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。