PCパーツ『ダストチェッカー』


パソコンを日中暑い部屋の中でつかっていたり長時間使い続けていると突如、PCの電源が切れたり調子が悪くなることがあります。
これは熱暴走と呼ばれますが、この原因の1つにホコリがあります。

ハードの中では熱を発散させるためファンがまわっていますが、静電気と共にホコリも吸い込まれているのです。

このホコリ対策、こまめに掃除するしかないのでしょうが、目安が欲しい・・・。
と思ったらあるんですね、変わったパーツ

なんとダストチェッカー。
設定なしの簡単設計、ホコリの見張りをして欲しいところにセンサーを設置すると教えてくれるというシロモノです。光で知らせるLEDタイプと音で知らせるブザータイプ。
これって新商品なワケでもありません。

先日、私もいきなりPCの電源が切れて大騒動。
ハードのカバーを開け、中にたまったホコリを掃除するや直りました。こんな風にセンサーで教えてもらえるとめんどくさがりの私でも大丈夫かも。

世の中、同じように考えて商品化してれるところがあるものですね。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | インターネット・PC関連
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。