平成19年から始まる離婚時の年金分割制度とは


離婚時による厚生年金分割制度が2007年4月から始まります。

熟年離婚」ということばが一時期はやりましたが、その件数はここ最近減っているそうです。それはこの年金分割制度を待っている妻がいるためと言われています。

この年金分割制度は妻がいわゆるサラリーマン家庭の専業主婦(国民年金の第3号被保険者)だった場合、自分の基礎年金に加え、上限を1/2として夫の年金を婚姻期間分受け取れる制度です。(離婚後、2年間まで。)

この制度では取り分の割合をどうするか夫婦当事者間で話し合いの上、合意が必要になります。もしも合意が得られない場合、家庭裁判所に申し立てをすることができます。

2008年4月からは強制的に1/2の年金分割が行われることとなり、サラリーマン家庭の専業主婦だった妻は夫の合意なしに婚姻期間分の年金を受け取れることとなります。

離婚をお考えの奥さまは出来れば2008年4月までお待ちになった方が余計な気を遣わなくて良いかもしれませんね。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | マネー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。