美肌維持にマッサージ


美肌を維持して出来るだけ若々しく過ごしたい!
女性ならば多かれ少なかれ思っていることではないでしょうか?

いまから300年前のフランスで亡くなったランクル夫人は70才のとき、30才にみえたそうです。かなり若々しく美肌だったようですが、10才若くみられるだけでもすごいですよね。

このランクル夫人は首筋にある甲状腺を刺激するマッサージ美肌を維持してきたようですが、その秘密を研究し、考案されたのがアメリカのベンネット氏によるベンネット式顔面摩擦法。

マッサージをする前に両手をこすりあわせ暖かくしてから首からフェイスラインに沿って耳下から首の後ろまでこすりあげるのを50回。
首が終わったら顔のマッサージというシンプルな方法です。

甲状腺を刺激するという方法が医学的に良いか悪いかは別としてリンパマッサージ、顔筋マッサージ等、自分で出来るマッサージ方法もあるので様子をみながら自分にあったものを続けて美肌を保ちましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 美容・ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。