たまねぎの作用


たまねぎはユリ科の多年草で原産は中央アジアと言われています。

最近、たまねぎの効能が注目されていますが、たまねぎに含まれる硫化アリルという成分には脂肪を燃焼する効果があり、また血液の凝固を抑制するため血液サラサラ効果があるそうです。

たまねぎは特に糖尿病に有効で血糖値を低下させることがわかっています。

たまねぎは水にさらすと有効成分が流れていくため、生で食べる場合にはスライスした後、水にさらさず、30分程度置いてから食べましょう。

生スライスしたタマネギは鰹節とポン酢でさっぱりサラダになりますよ。

身近な食品ですが、たまねぎには意外な効能がたくさんあるんですね。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。