カテキンは渋味成分


カテキンは緑茶などの日本茶に含まれる渋味の成分です。

カテキンは抗酸化作用が強いので発がんやがんの転移を防ぐといわれています。

カテキンには殺菌作用もあるので口臭予防や虫歯予防にも良いので食後にお茶を飲む習慣には理由があるのかもしれませんね。

そもそもカテキン渋味ですので玉露などの高級茶よりも番茶などにより多く含まれます。

お茶は湯さましして入れた方が甘味がでて美味しいですが、高温で入れる方が渋味が増すため、カテキンも多いのではないでしょうか。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。