キヤノンEOS KissDigtalX


デジタルカメラ一眼レフの競争が加熱化している中、キヤノンはゴミ取り機能を搭載し、高性能化したエントリー向けデジタル一眼レフカメラEOS Kiss Digital X」を9月8日から発売すると発表しました。

価格はオープンプライスで、想定市場価格はボディ単体が「EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM」とのレンズキットが11万円前後、さらにWズームレンズキットが13万円強の予定です。

EOS Kiss Digital Xには、ゴミの発生を抑える機構や素材の採用、センサー前面へのゴミの付着を低減する帯電防止機構の搭載に加え、超音波振動による「セルフクリーニングセンサーユニット」や付属のRAW現像ソフト「Digital Photo Professional 2.2」のダストデリート機能を併用することで、ゴミによる画像への影響を著しく軽減できるとしています。

レンズマウントはEFマウント、ファインダーはペンダハミラー・アイレベル式で視野率は倍率は0.8倍。
ホワイトバランスは / 白熱電球 / 白色蛍光灯 / ストロボ / マニュアル、ISO感度はISO100〜1600、シャッター速度は1/4000秒〜30秒(X=1/200秒)、測光方式は35分割TTL開放測光。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | インターネット・PC関連
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。