ガソリン高騰とオイルショック時のお話


原油の価格がどんどん上がりガソリンもどこまで高騰するのでしょう。

先日、たまたま乗ったタクシーの運転手さんとガソリン高騰についてのお話をしていたとろ30年以上前に起こったオイルショックのことを教えて頂きました。

その運転手さんはオイルショックの頃、長距離トラックに乗っていたそうでその時のガソリン価格は80円/1Lくらいだったとおっしゃってました。

当時は石油そのものが無いといわれていました。
現在は高くても石油が無いわけではないのでオイルショックの時のような混乱は無いように思えます。

その運転手さん曰く、今でいうプリペイドのように10L券というものをあらかじめ購入しておかなければガソリンを入れられなかったそうです。
だから高速道路を運転していてもガソリンが無くなると一般道へ降りて、同系列会社のガソリンスタンドを探して券を買ってガソリンを入れ、また高速道路へ上がって走るというとんでもなく面倒な作業をしていたとか。

それを考えると高くてもお金を出せば普通に走れることを思えば幸せなのかもしれません。
それにしてもやっぱり高すぎですよねー、ガソリン


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 自動車関連
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。