アレルギー・花粉症にべにふうき


日本茶べにふうき紅富貴)」が注目を浴びています。

べにふうきとは独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所が育成し命名された緑茶の品種ですが、花粉症などのアレルギーに有効なメチル化カテキンを多く含んでいます。

メチル化カテキンは普通のカテキンよりも体内での吸収率が良く、安定している成分です。

メチル化カテキンは渋味の成分ですので、べにふうきを飲む際には熱湯で注ぐほどメチル化カテキンが増えます。

メチル化カテキンの効能から抗アレルギー作用が期待されていますので今後、生産が増えていくようです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。