命名の儀で新宮様のお名前は「悠仁(ひさひと)」さま


このたび、秋篠宮家にお生まれになったお子さまの命名の儀が行われ、お名前は「悠仁(ひさひと)」様に決定しました。

宮内庁の発表によれば「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくこと願って」つけられたそうです。

この悠仁さまのお印は「高野槇(こうやまき)」。

和歌山県の高野山地方に育成するスギ科の常緑針葉高木で、その昔、弘法大使がお墓に備えた供花として有名。

高野槇は、ヒマラヤシダ、南洋杉と並ぶ世界の三大庭園樹と言われており、高さが40メートルになるものもある高木です。

新宮様に真っ直ぐ大きく育って欲しいという秋篠宮ご夫妻のお気持ちの表れです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | その他、時事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。