焼酎いろいろ


焼酎とは蒸留酒の一種で、酒税法では「アルコール含有物を蒸留した酒類」のうち、「発芽した穀類を使用していない」「白樺の炭などで濾過していない 」「蒸留時に別途定められている物品以外を添加しない 」「アルコール度数が所定を下回る」という条件を満たす酒類を焼酎としています。

焼酎には酒税法に基づき焼酎甲類、焼酎乙類の区分があります。
果実酒などに使われるホワイトリカーやチューハイのベースにする焼酎などは焼酎甲類。
通常、お湯割りなどで飲む芋焼酎麦焼酎などは焼酎甲類です。

焼酎乙類には色々な種類がありますが、主に米焼酎麦焼酎芋焼酎黒糖焼酎そば焼酎などがあります。

少し前におこった本格焼酎ブームのため、一時期一部の焼酎にプレミアがつき、定価の何倍もの値段で取引されたりしました。

そういったブランド焼酎焼酎バーなどがある都心に集まったため、鹿児島や宮崎といった焼酎の産地でもみつけにくい状況となっていましたが、今は少し落ち着いているようです。

もっとも地元の方は隠れた名品というかお気に入りの焼酎があって普通の値段で楽しんでいるようですよ。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 住まい・暮らし・家電
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。