グッドデザイン賞とは


グッドデザイン賞受賞ってよく聞く言葉ですが、どんな賞なんでしょう。

グッドデザイン賞とはデザインの優れたものや活動に対し、年に1度贈られる賞のことで財団法人日本産業デザイン振興会の主催で行われています。

前身は1957年に通商産業省が創立したグッドデザイン商品選定制度です。
その当時、日本企業が優れた外国製品のデザインを盗用する問題が多発、外交問題にもなっていたので、オリジナルの新たなデザインを奨励することによってこの問題を解決するために創られたという背景があります。

当初は工業製品のみの対象であったものが段々と対象を広げ、建築や公共分野など幅広いものを対象とする賞に発展。1998年に民営化され、今のグッドデザイン賞となりました。

身近にグッドデザイン賞を感じられるのは家電製品やインテリア家具などでしょうか。
グッドデザイン賞を受賞するとその製品にはGマークをつけることができます。
受賞後1ヶ月は無料ですが、その後はなんと利用料がいるそうです!
その代わり、優れたデザインということでその効果はあるようなので納得です。

それにしてもグッドデザイン賞が始まるきっかけがデザイン盗用だなんて。すばらしいオリジナルのデザインを世に贈りだしている今となっては考えられませんね。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 住まい・暮らし・家電
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。