香水


誰しもお気に入りの香り香水があると思います。
あまりキツイ匂いは敬遠されるもののふんわりさり気なく漂う香りはその人のイメージとマッチしていればステキな印象を残すものです。

もともと香水はハーブの1種であるローズマリーを原料としたものがハンガリー王室で使われたのが始まりとされています。これがハンガリーウォーターと言われるものです。

ひとくちに香水と言っても色々なタイプがあり、濃度によっても呼び方が変わります。

■パルファン
濃度15-20%、アルコール75-80%、蒸留水0-5%、持続時間およそ5-7時間

■オー・ド・パルファン(またはパルファン・ドゥ・トワレット)
濃度10-15%、アルコール80%、蒸留水5-10%、持続時間およそ5時間

■オー・ド・トワレ
濃度5-10%、アルコール80%、蒸留水14-15%、持続時間およそ3-4時間

■オー・デ・コロン
濃度2-5%、アルコール90%以上、蒸留水5%-10%、持続時間およそ1-2時間

通常香水と呼んでいるものはパルファンです。

香りは時間がたつにつれて変化しますので同じ香水をつけていても時間によって変わっていきます。
香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、少し時間が経って20-30分ぐらいの香りをミドル・ノート、大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートといいます。

男女問わず香水を上手につかって大人を演出したいものですね。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 美容・ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。