マロンは栗じゃない?


ダイエッターには天敵、食欲の秋です。

秋は収穫の秋。
この季節、私が思い出すのは栗ですね。
父の実家に栗の木があり、栗拾いをする季節だからです。

ところで普通に日本でマロンといえば栗ですよね。
マロンパイといえば栗のパイ。
ところがmarronはフランス語。
しかも栗のことではなくマロニエのことだそうです。

英語で栗の実は[a chestnut]。
そういえば、天然木の家具など栗の木を使うとチェストナットといいますね。

英語でmaroonは栗色という単語です。
和製英語はややこしい・・・。

とりあえず英語圏で栗のことをさして「マロン」といっても通じないことだけ憶えていてくださいね。



posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 住まい・暮らし・家電
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。