「ロボットミュージアムin名古屋」オープン


ロボットミュージアムin名古屋」がオープン。

そのロボットミュージアムの様子をテレビで見ましたが、ここ数年の間にロボットってこんなに進化したのねというほど色んなロボットがいました。

2足歩行するロボットはもはや普通にいて、体操するロボット、自転車に乗るロボット、対象物をカメラに納めてシルエットの絵を描くロボット、サッカーをするロボット
アザラシ型ロボット「パロ」はもちろんのこと、お留守番ロボットさえいる始末。

ロボットの語源はチェコ語で元々は「強制労働」を意味するrobotaとされているそうです。

人間の格好をしていない産業用の機械という意味のロボットはあったもののここ最近では癒しやエンターテイメント型のロボットが次々に開発されているようです。

ロボットミュージアムには世界最大級のロボット専門店「ロボット未来デパートメント」もあり、約2000種類の商品が販売されているようなのでロボット好きにはたまらない魅力ですね。

隠れたロボットファンは多いようで最近ではお茶をしながらロボットと遊べる「ロボットカフェ」やロボットのお医者さん「ロボットクリニック」などが誕生しているようです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | エンターテイメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。