日産の不振


自動車メーカー2006年の上半期、どうも日産が不振のようです。
国内生産、国内販売16.9%減少。
トヨタと共に一時代を築いたニッサンとは思えない不振ぶりです。

なぜなんでしょう。
デザインに関してドシロウトの私がいうのも何ですが、どうもデザインに温かみがないような気がします。

車は金属で出来ているのだから温かみがなくても当然かもしれませんが、どの車種でもニッサンカラーが出ているのは悪くない。
でもそのニッサンカラーの雰囲気に温かみを感じないのです。

日産大好きという方がいらっしゃるので人それぞれ好みの問題だとは思います。
でも、どこか抜けたところがないというんでしょうか?
愛着を感じさせないというんでしょうか。

どこかにスキがあると不思議なものでそこに愛着を感じます。
もちろん、走り重視の方にもそれなりなご意見があるのではないでしょうか。

ゴーン社長で復活した日産自動車。
また劇的な復活を期待しています。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 自動車関連
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。