ものもらいの呼び方


目の病気といえばすぐに浮かぶのは「ものもらい」。
思いもよらないとき突如としてまぶたに出来るおできのようなアレです。

「ものもらい」は、まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺に、黄色ブドウ球菌が感染し、まぶたの裏側などが腫れて痛む病気で、医学的には「麦粒腫」(ばくりゅうしゅ)」といいます。

実はこの「ものもらい」。
ここでは普通に「ものもらい」と言っていますが、全国的にはかなりの呼び方があるようです。

目薬で有名な大阪のロート製薬が2004年、全国約1万人を対象に「ものもらい」の呼び名の調査をしました。
その結果なんと250種類以上の呼び方があると判明。

かんたんに紹介すると、北海道地域では「めっぱ」、宮城県では「ばか」、他の東北関東地区では「ものもらい」。

大阪では「めばちこ」。
中国・九州地域では「めいぼ」。
関西弁のお笑い芸人が「めばちこ」と言っているのを聞いたことがあります。

他にも「おひめさん」「おきゃくさん」「おともだち」など様々な呼び名があるようですよ。

あなたはどんな風に呼んでいますか?
ちなみに私は「めいぼ」です。

「ものもらい」という呼び名もテレビでなんとなく聞いたことがありましたが、「めいぼ」の症状と同じものだと気が付くのに時間がかかりました。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。