不眠症とは


不眠症とは「なかなか眠れない」入眠困難、「夜中に何度も目が覚める」途中覚醒、「明け方早くに目が覚めてもう眠れない」早朝覚醒など、「熟睡できない」状態が続く症状です。

不眠症睡眠障害の1種で、睡眠障害を大きく分けると不眠症、過眠症、睡眠リズムの異常、睡眠中の行動による不眠などがあります。
その中でも不眠症は特に多くの人が悩む病気ではないでしょうか。

本人が安眠できないと感じる状態が続けば、いくら睡眠時間が長くても不眠症であるといえるでしょう。

不眠症とひとくちに言っても原因は人それぞれですし、同じ時間眠ることが出来ても人によって感じ方が違います。

不眠症の主な原因としては、騒音や光や温度など環境が要因となっているもの、悩み事やストレス、心配事など心理的な問題が要因となっているもの、うつ病や神経症などの精神的疾患によるもの、睡眠時無呼吸によるもの、夜勤や海外旅行など睡眠リズムが変わることによるもの、生活習慣病などによる循環器や脳疾患によるものなどがあげられます。


最近は不眠外来のある病院もありますし、不眠の原因と関連のある内科や神経内科、精神科でも診断や治療をしてくれますので気になる方は早めに受診されることをおすすめします。
特別な疾患からくる不眠症でなければ、生活指導やリラックス療法、高照度光療法、精神療法など薬を使わない治療法もあるようです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。