今どきの火災保険


火災保険とは火事になった時の保険で、火災によって発生する損害を補償する目的の保険のことです。

しかし、火災保険は以前のように「火事になった時の保険」だけでなく「家を含む財産のための保険」へと姿を変えています。

今では地震や落雷、台風、雪、車両の衝突等の損害や、盗難なども補償する火災保険が増えています。

火災保険の種類は、火災、落雷、爆発、風災、および、建物外部からの物体の衝突・落下、盗難、水害など総合的な幅広い損害や費用に備える住宅総合保険。

火災、落雷、破裂・爆発、風災などの損害に備える、必要最小限の住宅火災保険。

賃貸マンションやアパートにお住まいの方やマンションを購入した方を対象に、火災、落雷、破裂・爆発、風災などによる損害に加えて、家主さんへの賠償責任、日常生活での賠償事故などの費用を補償する団地保険。

地震、噴火、それによる津波、失火による火災、延焼による火災、損壊、埋没、流失の損害に備える地震保険などがあります。

自分にはどのような場合の保険が必要か、どこまでの補償金額が必要かなど面倒がらずに、必要補償額を計算し、契約内容を確認して、自分自身で選択した火災保険に加入することが重要になってきます。

保険会社によって火災保険もいろいろですので資料を取り寄せ検討しましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 住まい・暮らし・家電
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。