漢方薬とは


漢方、または漢方医学とは漢方薬による治療のことだけを指すのではなく、もともとは鍼灸、按摩、太極拳、気攻などを含む東洋医学のことです。

漢方薬とはその漢方医学の理論に基づき処方される薬で、本来人間に備わっている自然治癒力を高め、体の中から整えることを基本とした漢方医学の治療法です。

漢方薬は伝統中国医学に於いて長い年月をかけ、個人個人の症状に合う生薬の組み合わせをつくり出しました。
日本ではその漢方薬をもとにして発展してきました。

漢方薬は、西洋医学では対処しにくい幅広い症状に対処できることが認められています。
漢方薬は数千年におよぶ長い経験から独特の理論体系を持っていますので、1つの漢方薬で色々な症状に対処し、効果を期待することができるのです。

今では西洋医学においても漢方薬の科学的な研究が進み、生薬を煎じて濃縮・乾燥させた医療用漢方製剤が出来たため、煎じたりする必要もない便利な漢方薬が普及しています。

品質の安定した医療用漢方製剤は健康保険の適用を受けられますので、誰でも漢方薬での治療を受けることができるのです。

漢方薬での治療を受ける際大事なことは、医師に自分の体質や既往症、アレルギーの有無、食生活の好みなど些細なことだと思えることでも伝えることです。漢方薬は各人に合ったものを選び出すことにより効果が得られるので、そういったことが重要になってくるのです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。