レーシックとは


レーシック[LASIK:Laser in Situ Keratomileusis]とはエキシマレーザーを照射して角膜の屈折を矯正する角膜屈折矯正手術のことを指します。器械を使って角膜の表面を薄く切開した後、エキシマレーザー照射で角膜実質層の一部を正確に削り矯正します。

同じ角膜屈折矯正手術のPRKではレーザーで角膜上皮を取り除き角膜の表面にレーザーを照射しますが、レーシックは角膜を切開しフラップ(フタ)を作り、レーザー照射した後にフラップを元に戻します。

レーシックは角膜が薄いと手術することが出来ませんが、PRKでは角膜が薄くても手術を受けることが出来るようです。

レーシックに使われるエキシマレーザーとはアルゴン・クリプトン・キセノンなどの希ガスやフッ素・塩素などのハロゲンといった混合ガスでレーザー光を発生させる装置です。

エキシマレーザーの光は波長が短く、角膜の一部分を正確に除去することが可能、また衝撃波も少ないので、レーシックには最適です。

2000年には厚生労働省がエキシマレーザー装置を医療用具として認可しましたが、この認可は角膜屈折矯正手術ではレーシックではなくPRKに限られています。

レーシック後の合併症の危険性は全くないとはいえないようですが、コンタクトレンズによる合併症より確立は低いといわれています。

レーシックの合併症の例としては、夜間や光の下でまぶしく感じる、光の周りがぼやけて見えるなど「ハロ」と呼ばれる症状やドライアイ、衛生上の問題で感染症にかかったりすることがあるようです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。