スタッドレスタイヤの季節到来


スタッドレスタイヤ激安!」なんて文字を見ると気になる今日この頃。
今までチェーンで冬を過ごしてきましたが、今年はついにスタッドレスタイヤをゲット。

当初はスタッドレスタイヤを買う予定ではなかったのですが、普通のタイヤがそろそろ取り替え時期だったので検討した結果、アルミホイール付きスタッドレスタイヤにすることになりました。

スタッドレスタイヤは以前のスパイクタイヤからスタッドをのけたタイヤということでこの名前がついたようです。

スパイクタイヤは雪や凍結した道路で安定した走りを提供していましたが、雪がない道路で使用すると路面を削り雪の多い地方では粉塵公害として問題になりました。今では販売も使用も規制されたスパイクタイヤに代わってスタッドレスタイヤが主流になっています。

スタッドレスタイヤは溝が深くなっており、普通のタイヤとは違ったゴムで作られています。ゴムは低温で堅くなる性質がありますが、スタッドレスタイヤのゴムは低温でも柔軟で常温でも溶けないようになっています。

メーカーによって発泡(気泡)ゴムを採用したり、グラスファイバーやクルミの殻を練りこんで引っ掻き効果を持たせたりするなど工夫されているようです。

雪上や凍結路で効果を発揮しますが、万能ではないのでやはり雪道は注意して運転しなければいけませんね。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 自動車関連
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。