人間ドック


人間ドックは、当初「短期入院精密身体検査」と呼ばれていました。

人間ドックは1954年に国立東京第一病院(現在の国立国際医療センター)と聖路加国際病院が始めらたのがきっかけとなりました。

もともと「ドック」とは英語の[dock]から名付けられたようで、この言葉には「治療する」「手直しする」などの意味があるようです。

人間ドックは、症状があるなしに関わらず、身体各部位の精密検査を受けて普段気がつきにくい疾患や臓器の異常、健康度などをチェックする健康診断の一種です。

そのため、人間ドックは定期的に受けることが望ましいといわれています。

人間ドックには日帰りドックと呼ばれる半日から1日のもの、宿泊も伴う2日間のもの、また検査機関によっては1週間というところもあるようです。

人間ドックは労働基準法や労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれるため、加入している健康保険組合によって条件を満たせば補助もでます。

検査項目は色々で、身長・体重などの身体測定、心電図・血圧・肺機能を調べる心肺機能チェック、視力・眼圧・眼底・聴力を調べる視聴力チェック、肺・胃・乳などの胸部を調べるX線検査、胃カメラ、血液検査、血清検査、尿や便の検査、前立腺がん検査、乳がん・子宮がん検査、MRIやMRAやPETなどの脳・頸動脈の検査、知能検査など多岐に渡っています。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。