岩盤浴


岩盤浴が出来る岩盤風呂がいろんなところで人気です。

岩盤浴を一口で言うとお湯を使用しないお風呂。

お湯を使用しないお風呂の代表はサウナですが、岩盤浴はサウナとは違います。

サウナにも色々な種類がありますが、一般的に日本で多いサウナは、ドライタイプといわれる乾式サウナです。

乾式サウナの室温は、大体80〜110℃です。

乾式サウナのサウナは室温が高いので、体調によっては発汗するまで入っていると多少息苦しさを感じます。
また、上体を起こしますので心臓に負担がかかるともいわれます。

岩盤浴は、室温が低いことや寝そべれるので、普通のサウナが苦手な方にも利用しやすくなっています。

岩盤浴は、42℃〜43℃に暖められた天然鉱石の上バスタオルを敷き心地よい温度を感じながら横になっているだけでサウナ以上の発汗作用を得られます。

岩盤浴に使用される天然鉱石は、ゲルマニウム・ブラックシリカ・麦飯石・ラジウム鉱石・かつれん石・天照石などさまざまです。

しかし岩盤浴に使用される天然鉱石に共通するのは「遠赤外線」と「マイナスイオン」など人体に有効とされる鉱石を使用します。

遠赤外線の「温熱効果」は新陳代謝が高まり、マイナスイオンは美肌効果があるといわれます。

岩盤浴の人気に一役買っているのがデトックス効果です。

デトックスには発汗が効果的といわれるので、岩盤浴デトックスに効果的といわれているわけです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 美容・ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。