ドラクエ、DSから発売!


超人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」の最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が来年、ニンテンドDSソフトとして発売されます。

スクウェア・エニックスのドラクエはもともと任天堂のファミコン用のゲームソフトで、6作目までは任天堂から発売されていましたが、7作目からはソニー・コンピュータ・エンタテインメント(SCE)のプレイステーションソフトとして発売。

今度のドラクエ最新作は「最も売れているゲーム機で発売する」とされ、任天堂とソニー・コンピュータエンタテインメントの争奪戦が繰り広げられていました。

ドラクエはロールプレーイングゲーム(RPG)と呼ばれる冒険ゲーム
主人公が経験値を上げながらモンスターを倒して数々の謎を解いていきます。
主人公はもちろんプレーヤー。昭和61年に1作目発売以来、日本を代表するゲームソフトに成長し、その人気は「ドラクエ現象」という社会現象にもなりました。
今年9月末までに全世界で累計4100万本以上を出荷している大人気ゲームソフトです。

今回は発売2年で2600万台を売り上げたニンテンドーDSがドラクエ発売の場となりました。
その理由は「少しでも多くの人にゲームを楽しんで欲しい」ということからだそうです。
DSの無線通信機能を生かし、友達と協力しながら冒険できるそうなので今から楽しみですね。

またドラクエは任天堂の次世代機「Wii」向けの新作を開発することも、アメリカで発表しているようです。

そのかわりスクウェア・エニックスのもう一つの人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー」の新作はSCEのPS3向けに販売を予定しているようです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | エンターテイメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。