痔の原因


で悩んでいる方は密かに多いと思いますが、なぜになるのか「」の原因を考えてみましょう。

」というのは肛門周辺の毛細血管が鬱血することで起こりますが、そもそも肛門のある場所自体、心臓より下にあるので鬱血しやすくなっているため、「」のリスクは誰もが持っているということになります。

主なの原因としてあげられるのは「便秘」。
便秘になると便が出にくくなるため、力んでしまい肛門に負担がかかります。
便秘が繰り返されると負担がかかりすぎ「いぼ痔」の原因となります。
また硬い便は「裂肛」の原因にもなります。

次に「下痢」。
実は下痢もひどくなるとなんどもトイレに行くことになり肛門に負担がかかります。
「いぼ痔」「切れ痔」だけでなく肛門のくぼみに便が入りやすく雑菌が入ると「痔瘻」の原因にもなります。

「香辛料の摂りすぎ」。
適量はかまいませんが、こしょうや唐辛子などはそのまま便に混じっているため肛門の粘膜を刺激することがあります。

「冷え性」
冷えは体の血行を悪くさせますので肛門も鬱血しがちになります。
腰回りやお尻周りを暖かくして冷え対策をとりましょう。

他にも便秘や下痢を引き起こす原因となる生活習慣としてストレス、暴飲暴食、長時間座りっぱなし、長時間立ちっぱなしなど「」のリスクを高めます。

も数日で治れば特別に問題はありませんので、が慢性化しないためにも生活習慣を見直しましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。