老人福祉施設の種類


高齢者大国と言われるほど日本ではすごい勢いで高齢者社会に突入しています。
老人ホームとひとくちにいってもその種類は様々。

老人ホーム、すなわち老人福祉施設にはどんなものがあるのかみてみましょう。

・老人デイサービスセンター
老人デイサービスセンターとは、高齢者に対して入浴、食事の提供、機能訓練、介護方法の指導その他の便宜を提供する施設のことです。

・老人短期入所施設
老人短期入所施設とは、養護者の疾病その他の理由により、居宅において介護を受けることが一時的に困難となった高齢者に対して、短期間入所させ養護することを目的とする施設のことです。

・養護老人ホーム
養護老人ホームとは、居宅において養護を受けることが困難な65歳以上の者を入所させ、養護することを目的とする施設のことで、介護保険施設ではありません。

・特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームとは、65歳以上であって、常時の介護を必要としかつ居宅においてこれを受けることが困難であり、やむを得ない事由により介護保険法に規定する介護老人福祉施設に入所することが著しく困難である者、または、介護福祉施設サービスに係る施設介護サービス費の支給に係る者などを入所させ、養護することを目的とする施設のことです。

・軽費老人ホーム
軽費老人ホームとは、無料又は低額な料金で高齢者を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設のことです。
ケアハウスはこれにあたります。

・老人福祉センター
老人福祉センターとは、無料又は低額な料金で高齢者に関する各種の相談に応ずるとともに、高齢者に対して、健康の増進、教養の向上及びレクリエーションのための便宜を総合的に供与することを目的とする施設のことです。

・老人介護支援センター
老人介護支援センターとは、老人福祉に関する専門的な情報提供、相談、指導や居宅介護を受ける老人とその養護者などと老人福祉事業者と間の連絡調整、その他援助を総合的に行うことを目的とする施設のことです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。