ノロウイルス原因の食中毒


ノロウィルスが猛威をふるい、各地でノロウイルス原因の食中毒が相次いでいます。

食中毒といえば夏のイメージですが、食中毒にはその原因によって細菌性食中毒・ウイルス性食中毒・科学性食中毒・自然毒食中毒に大別されます。

夏に発生する食中毒は細菌性の食中毒で、高温多湿となる気候のために細菌が食物中で繁殖するために起こります。

ところがノロウィルスとは非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスですので、1年中ウイルス性食中毒の原因となる要素があるわけです。

ノロウイルスに汚染されたカキなどの貝類が原因で起こる食中毒では、冬場に食べられることが多いので冬に発生しやすくなっているようです。

ノロウイルスは主に経口感染しますし、感染した人の便や嘔吐物からも二次感染します。

発病した人はもちろん、胃腸症状が現れなかった人でも、無症候性キャリアとして感染源になる場合があるので注意が必要です。

ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失うので、カキやアサリなどの二枚貝は中まで十分火を通すことが肝心です。
調理につかった包丁やまな板、食器などよく洗浄・消毒しておくことも大事です。

ノロウイルスは逆性石けんや消毒用エタノールに対する抵抗力が強く、これらを使っての消毒は効果がありません。
ただし、流水で洗うことによってノロウイルスを取り除くことができますので食事の前やトイレの後などには必ず手を洗いましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。