歯周病


歯周病とは歯周疾患の総称で、歯肉に炎症が起こる歯肉炎、歯肉炎が悪化して歯槽骨まで異常をきたす歯周炎に大別されます。

歯周病生活習慣病のひとつであり口内や歯を清潔に保たないことから起こります。

口の中には300種類以上の細菌がいるといわれていますが、食事の後の食べかすなど放っておくと歯垢から歯石になります。これがたまると細菌分泌のため歯肉が炎症をおこし歯肉炎になります。

またこの歯肉炎を放ったままにすると歯と歯の間に溝ができ、歯垢や歯石で溝が深くなると今度は歯周炎になります。

体は口内に繁殖する細菌と戦おうとしてその結果、歯の骨を溶かしてしまいます。

歯周病の原因は、歯周病菌による感染の他にも、噛み合わせが悪い場合や体の免疫機能が低下することやストレス、唾液分泌の低下、生活習慣などがあげられます。

実は歯周病は、口の中だけでなく全身疾患と関係が深いことが分かっています。
歯周病菌が体の中にとりこまれることにより心臓病や肺炎、糖尿病、早産を引き起こします。
たとえば歯周病の方の心臓病のリスクは通常の2〜3倍と言われています。
歯周病菌による炎症により血栓ができやすくなり、動脈硬化から心筋梗塞や狭心症を引き起こしたり細菌性心内膜炎にかかるリスクが増えるといわれています。

また糖尿病に関しても歯周病から糖尿病が引き起こされる場合もあるのですが、逆に糖尿病の方が歯周病にかかると血糖コントロールが難しくなるため糖尿病が悪化する可能性もあるようです。

このように口の中の細菌は体の内部にも関わってきますので、食事の後の歯磨きは必ず行うようにしましょう。
また体に抵抗力をつけ、歯周病予防に備えましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。