転職するための資格


転職したいと思っていたら、どんな資格があれば転職に有利なのかをおさえておくことも必要かもしれません。

もちろん、資格を持っているからといって転職できるかどうかは別の話ですが、会社側からしたらどちらを採用しようかと思っている時に、より使える資格をもっている人材の方がいいに決まっています。

獣医師や看護士のような特別な資格を持っている方は最初からその職業に就いていると思いますので、営業や事務職に転職する場合、一般的に有利といわれる資格について考えてみましょう。

・TOEIC
転職先が外資系や英会話が重要な企業ではなく、一般的な企業ではスコア600点あれば「英語ができる」との判断をもらえる可能性大。
英語の能力は営業、事務職共にビジネスの現場では重要になってきています。
試験は随時行われているのでより高いスコアがあれば転職の際、有利だといえるでしょう。

・中小企業診断士
企業経営に関する助言を行う人気の資格です。
転職だけでなく、独立する際にも持っていれば有利な資格です。

・マイクロソフトオフィススペシャリスト
Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookに関する資格で事務職への転職の際、持っているとアピールできます。
最近、どこへ行ってもパソコンは必須。
特にExcelの使用頻度は高いので、これが使えないと不利になってしまいます。
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格がないにしてもExcel表計算処理技能の資格は持っていた方が有利といえるでしょう。

・社会保険労務士
この資格は社会保険などに関する手続き業務を行うだけでなく、労働者の権利にも精通しておかなくてはならないので企業に対するアピール度は絶大といえます。
企業外部に対しても社労士がいれば労働基準法を遵守した会社だとアピールできるため、社労士資格を持っている方の転職は有利になるはずです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。