歯列矯正


矯正歯科治療は歯並びを治し、不正咬合を治す歯科の診療科の一つです。

矯正歯科のうちでも審美歯科は美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野です。

日本歯科審美学会では、「歯科審美学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である。」と定義しています。

歯列矯正は美容的なだけの治療と受け止められがちですが。矯正歯科治療の目的は、歯ならびをきれいにすることにより口の中の環境を改善することにあります。

歯列矯正をすることにより、歯みがきのしやすい状態を作り虫歯や歯周病にかかりにくくし、歯の寿命を延ばすことができます。

歯列矯正によって噛み合わせが整えられると、咀嚼(そしゃく)機能も強化され、歯に加わる力も全体に分散されます。

また歯列矯正することにより、いびきや歯ぎしり、舌足らずな話し方が治ることもあります。また、外見上のコンプレックスを感じることもなくなります。

反対に噛み合わせが悪いと、顎関節症や肩凝り、腰痛などの原因にもなるようです。

矯正歯科治療は、歯並びの矯正には健康保険の適用はありませんが、唇顎口蓋裂の矯正治療とアゴを切る手術を伴う矯正治療の2つに関しては健康保険が使えます。
アゴを切る矯正治療に健康保険を使える病院は、顎口腔機能診断基準施設の指定を都道府県から受けていますので、矯正歯科治療を受ける際は注意しましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。