足の臭い対策


足の臭いが気になることはありませんか?

冬のおしゃれにはブーツはかかせません。
今年も秋からのジョッキーブーツに続き、美脚ブーツが大流行。
でもちょっと気になるのが、ブーツを脱いだときの足のムレ。
新年会などでブーツを脱いだ途端、誰かわからないけど足の臭いが強烈に漂って気まずくなった経験があるのではないでしょうか。

この足の臭いの原因はエクリン腺という足の裏に密集している汗腺です。
もっとも汗自体には臭いはありませんが、そのままにしていると雑菌が有機物を分解し、ニオイの元となっていくのです。

足の裏は1日にコップ1杯分以上も汗をかくといわれているくらいですから、冬場のブーツやタイツ、靴下で高温多湿状態になった足は雑菌の絶好の状態になり、臭いも発生しやすくなるというわけです。

では足の臭いを防ぐ、ニオイ対策はどうしたら良いのでしょう。

足の臭い予防には雑菌が繁殖しやすい環境を防ぐ、すなわち足のムレを防ぐのが先決。
もちろん、通気性の良い靴を履くと足の臭いは防げますが、通気性が良いと寒い冬には辛いものがあります。

足の臭いの原因となる汗を吸収してくれる吸湿性のある靴下をはきましょう。

仕事の関係上、ストッキングやタイツをはく必要のある方は、防菌、消臭効果のあるつま先カバーやパンプスインなどのショートソックスの上からはくと効果的です。

足の臭い対策としては、接客業でなければ、職場でサンダルに履き替えるのも有効ですね。
営業など接客しなければならない方は、同じ靴を毎日続けて履かず、何足かをローテーションではきましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。