経鼻内視鏡、痛まない胃カメラ


胃の検査を行う「胃カメラ」。
俗に「胃カメラ」といっていますが、正式には「胃内視鏡」といいます。

いままでの内視鏡は口から入れるものが多く、吐き気を伴う辛いものというイメージでした。
最近では鼻から入れる内視鏡が開発され、医療機関でも使われています。

経鼻内視鏡のメリットは検査を受ける患者の負担が少ないという点です。
内視鏡を鼻から通すため、今までのようにスコープが舌の根本に触れ嘔吐感が起こるということもなく、検査の最中に自分の消化管の状態を確認し、医師と話しをしながら胃の検査を受けることができます。

従来の経口内視鏡スコープの直径は細いタイプでも6.5mm、通常のサイズだと9mmくらいありました。
新しく開発された経鼻内視鏡スコープは約5mm〜6mm。
この内視鏡スコープの開発により鼻からの挿入も無理なく行われるようになりました。

ただし、構造上鼻が細く、中鼻道がせまい人の場合、鼻からの経鼻内視鏡が通らない場合があります。
左右の内鼻道、下鼻道と試しても細くて経鼻内視鏡が通らない場合は、経口内視鏡に切り替えられますが、内視鏡検査を受ける方の95%くらいは大丈夫なようです。

今まで胃カメラが怖くて内視鏡検査が遅くなり、がんの発見が遅れる場合もあったようですが、痛みの少ない経鼻内視鏡の普及により、ガンの早期発見が期待できそうです。

私自身、まだ生まれてこのかた、胃カメラなるものを飲んだことがありませんが、経験者の話を聞く度に頭の中に恐怖がよぎります。
バリウムを飲んでの検査も後が苦しいものですし、バリウムが腸に詰まって亡くなる方もいるそうですから、嘔吐もなく楽に胃の検査ができるならばその方が嬉しいですね。
付近の病院でもこの経鼻内視鏡をとりいれた内科があるようですので、胃の検査の際には是非試してみたいと思います。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。