介護福祉への転職を考える


介護福祉の仕事は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護職である入所者の食事介助、入浴介助、排泄介助、おむつ交換、着替え介助、話し相手やレクリエーション運営など様々です。

日本は高齢化が進み、4人に1人がお年寄りという時代において、介護福祉の仕事に対するニーズは年々増え続けているといえるでしょう。

それに比例して、介護福祉の仕事に従事したいと考える方も増えているようです。

介護福祉士やヘルパーの資格を持っていなくても介護職に就くことはできます。。
しかしながら体力を要したりハードな仕事のため、介護福祉の仕事に就くことができても続かない方がいるのも現状です。

介護福祉への転職を考えている方もいらっしゃるかと思いますが、転職する前にお近くの高齢者施設や障害者施設を訪れ、実際介護福祉に従事している方のお話を聞いたり、どんな仕事なのかを予めよく調べることをオススメします。

介護の仕事はやりがいがあることは確かですが、体力的にも向き不向きがあります。

介護職の給料は安く、残業も多く、尽くしても相手はサービスを受けて当たり前と思っている、名指しで苦情くる、など思った以上に大変だったという話はよく聞くことです。

それでも介護福祉への転職を考えるならば、まずは福祉人材センターや人材バンクに登録してみましょう。

ホームヘルパーの養成研修は各自治体で行われていますので、「ホームヘルパー2級講座」など受け、資格をとっておくのも転職には有利になります。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。