加齢臭対策〜活性酸素を取り除こう!


加齢臭は、身体の皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化すると起こりやすくなります。
要するに加齢臭とは、身体が錆びつくことによって起こるわけですね。

加齢臭は、年齢的にオヤジな年頃であっても身体が健康で若々しく、清潔を保っていれば予防できるということです。

「お父さん、臭い!」と娘に言われないよう加齢臭対策を考えてみましょう。

「健康で若々しい身体は内側から」ということで、加齢臭対策として抗酸化作用の優れた食品を摂りましょう。

身体の中の活性酸素を除去することによって加齢臭だけでなくアンチエイジング作用も期待できます。

緑黄色野菜など色とりどりの野菜にはたくさんの抗酸化物質が含まれています。
ビタミンC、ビタミンE、βカロテンは抗酸化ビタミンと呼ばれていますので積極的にとりいれましょう。

また植物に含まれる色素成分フラボノイドやカロテノイドにも抗酸化作用があることが分かっています。

野菜によって含まれる色素成分は少しずつ違っています。
加齢臭対策のみならず、色々な種類の野菜を摂ることによって色々な種類の抗酸化物質を体内にとりいれることができるのです。

例えば、緑色の野菜にはβ-カロテンやルテインなどのカロチノイドの他にもビタミンCやビタミンEがたっぷり。
赤い色の野菜にはβカロチン、ビタミンCのほかトマトにはリコペンが、かぼちゃにはビタミンEが多く含まれています。
たまねぎやニンニク、ネギのアリシン、ショウガに含まれるジンゲロールなども抗酸化作用があるといわれています。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。