いびきの原因


いびきとは、上気道の粘膜の振動音で、睡眠時に起こります。
いびきの主な原因は、肥満、アルコール、薬などの他、扁桃腺やアデノイド、咽頭部の異常、鼻疾患があります。

軟口蓋や舌根が上気道を塞いで上気道が狭くなることがあり、そのときイビキは起こります。睡眠中の呼吸で出入りする空気が、塞いだ物を振動させて出す音がいびきです。

先に挙げたイビキの原因をひとつずつ見ていきましょう。

●肥満

肥満は体が太るだけでなく、顎の周囲、首周り、喉や舌も太くなり、上気道が狭くなるためにイビキをかきやすくなることがあります。
イビキ対策というだけでなく、健康のためにもダイエットで体重を減量することで改善されます。

●アルコール

疲れた時と同様、飲酒によるアルコールで舌の筋力が落ち、上気道が狭くなりイビキの原因になったりします。

●薬

眠れないとき、睡眠薬、精神安定剤などをつかうと舌や咽頭の筋肉の緊張がなくなり気道が狭くなります。このため、いびきをかくこともあるようです。

●扁桃腺やアデノイド

扁桃腺やアデノイド(咽頭扁桃)が炎症を起こすと気道が腫れ、いびきの原因となることがあります。

●咽頭部の異常

口蓋垂や舌、軟口蓋が大きい場合も呼吸障害の原因となりイビキをかくようです。

●鼻疾患

花粉症や蓄膿症、アレルギー性鼻炎といった病気で鼻づまりをおこすこともイビキの原因となってしまいます。

通常いびきをかかない方が突然にいびきをかく場合、脳血管障害の症候の1つですので注意が必要です。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。