睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群とは、夜間睡眠中に10秒以上の「無呼吸」が30回以上おこる、もしくは、睡眠1時間当たりの「無呼吸・低呼吸数」が5回以上おこる場合に睡眠時無呼吸症候群であると定義されています。

睡眠時無呼吸症候群は、閉塞型睡眠時無呼吸症候群中枢型睡眠時無呼吸症候群混合型睡眠時無呼吸症候群の3種類に分類されます。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群とは、肥満などを原因とする上気道の閉塞によるもので、呼吸運動自体はあるものです。

中枢型睡眠時無呼吸症候群とは、呼吸中枢の障害でおこるもので呼吸運動が消失するものです。

混合型睡眠時無呼吸症候群とは、閉塞型と中枢型の混合したものですが、睡眠時無呼吸症候群といった場合、ほとんどが閉塞型といわれています。

睡眠時無呼吸症候群は、昼間の強い眠気や集中力の低下といった自覚症状が少ない場合は発見されにくく、状態が悪化してしまうことがあります。

通常は、同居する家族に、いびきや無呼吸を指摘され自分が睡眠時無呼吸症候群かもしれないと気づくようになります。

睡眠時無呼吸症候群では、呼吸と連動したいびきが、ふっと静かになり、しばらくして一気に息を吸い込むような激しいいびきをかくといった状態が何度か続きます。

この状態は、身体に酸素不足を引き起こすので、循環器官に負担をかけやすく、不整脈や高血圧、多血症、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病などの合併症も引き起こしやすくなります。

症状が悪化しないうちに、病院等で検査・治療をオススメします。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。