バレンタインデーとは


もうすぐバレンタインデーですね。

バレンタインデーとは、女性から男性にチョコレートを贈り愛を告白する日だったわけではなく、キリスト教の司祭バレンタインが、兵士の結婚を禁止する法令に逆らって愛し合う男女を密かに結婚させていたことがバレンタインデーの始まりといわれています。
バレンタイン(バレンチノ)は、ルペルカーリア祭にささげる生贄として2月14日に処刑されました。

バレンタインデーの起源や由来は、いろいろな説があります。

キリスト教国になる以前のローマでは、バレンタインデーである2月14日は、ローマの女神ユノ(Juno、ジュノ)の祝日でした。

女神ユノ(Juno、ジュノ)は、しばしばギリシア神話のヘラと同一視されるローマ神話の家庭の神である女神です。

ジューンブライドとは、6月を司るユノに祝福された花嫁という意味になります。

また、バレインタインデーの翌日2月15日は、古代ローマのルペルカリア(Lupercalia:多産・豊穣の神)を祭る日でもあり、春祭りと同時に日常、別々に生活をしている若い男女たちの出会いとパートナー探しのお祭りでもありました。

バレンタインデーの2月14日の夕方に、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭が始まる翌15日には男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間パートナーになったり、時には1年間も付き合ったり結婚するカップルもいたそうです。

ローマがキリスト教国になったことで、聖バレンタイン(バレンチノ)は、ルペルカリア祭をよりキリスト教的な行事にするシンボリズムとして祭り上げられました。

2月14日に殉教した聖バレンタインをこの行事の守護聖人としたそうです。

バレンタインデーは、キリスト教徒にも祭日となり、恋人たちの日や愛の誓いの日とされ、ヨーロッパをはじめアジアは日本だけでなく、世界各地で様々な祝い方があります。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 季節もの
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。