「人参(にんじん)ジュース」


人参(にんじん)は、いわずと知れた冬の野菜ですが、1年中見かけるので人参の旬を知らない方も多いようです。

人参(にんじん)ジュースが健康に良いという話を聞きつけたので、毎朝、デトックス効果の高いリンゴと一緒にニンジンジュースにして飲んでいるのですが、人参にんじん)を生食する場合、注意が必要なようです。

人参にんじん)は、もともと英語名の「キャロット」がカロチンに由来するといわれるほどカロチン量が多く、ビタミンA及びビタミンB、ビタミンC、カルシウム、鉄も豊富に含まれる栄養価の高い緑黄色野菜です。

しかし、人参にんじん)にはアスコルビナーゼというビタミンC酸化酵素も含まれているため、にんじん単体では問題ないものの他の野菜や果物と一緒にサラダにしたり、ジュースにするなど生で食する場合は、他の材料のビタミンCを壊してしまいます。

ビタミンCを損なうことなく人参を頂くためには、加熱するか酸やお酢を混ぜ、アスコルビナーゼの作用をなくす必要があります。そうすることでビタミンCも破壊されずに美味しく人参を摂ることができます。

人参(にんじん)ジュースをつくる場合も、蜜柑やオレンジのような柑橘系の果物を一緒に混ぜるとアスコルビナーゼの作用がなくなり、ビタミンCが摂れるので、少量でも良いので柑橘類も一緒にジュースにしましょう。手間はかかりますが、あらかじめ人参を軽く下ゆでしても同じ効果があるようです。

人参ジュースに限らず、野菜ジュースにしてもつくりたてをすぐに飲まなければ、空気に触れるとどんどん酸化し、栄養素が抜けていきます。
ご自宅のジューサーで人参ジュースを作ったときは、すぐに頂きましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。