カロテノイド


カロテノイドは主に緑黄色野菜に含まれる黄色、橙色、赤色の天然色素の総称です。
カロテノイドはフィトケミカルと呼ばれる抗酸化物質のひとつで近年注目を浴びています。

カロテノイドはβカロテンなどのカロテン類とルテインなどのキサントフイル類に分けられます。

カロテノイドは、抗酸化作用が特に強く、細胞の酸化を防ぎ、がん予防や老化防止に効果があると期待されています。

主なカロテノイドをあげてみます。

アスタキサンチン

エビ、カニ、鮭、イクラに含まれる赤色の天然色素。
疲労回復など体内の活性酸素除去に効果的といわれています。

ベータカロテン

にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどに含まれる成分。
がん予防や動脈硬化予防、老化防止などに効果的といわれています。

フコキサンチン

ひじき、昆布、ワカメに含まれる天然色素で海草類が光合成をするときに役立つ成分。
がん予防や肥満予防に効果があるといわれています。

リコペン
トマトやスイカに含まれる赤色の色素。リコピンともいわれます。
ビタミンEの100倍、βカロチンの2倍の抗酸化効果があるといわれ、皮膚ガンなどの予防やがんの抑制に効果があるといわれています。

ルテイン

ほうれん草、キャベツ、ブロッコリーに含まれる黄色の天然色素。
がん予防、視力回復、老化防止に効果があるといわれています。


βクリプトキサンチン

柑橘類に含まれる成分。
がんの予防に効果があるといわれています。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。