子宮内膜症


子宮内膜症とは、子宮の内側以外にも子宮内膜が出来てしまう病気のことです。

通常、卵胞が発育してくると卵胞ホルモンの量が増え、その影響で子宮内膜が徐々に増えて厚くなってきます。
排卵が起こると、卵胞は黄体へと変化し、黄体ホルモンが同時に分泌されます。
黄体ホルモンには、子宮内膜に栄養分を貯め込むなどの働きがあり、子宮内膜を受精卵の着床に適した環境となるようにするわけです。

その後、妊娠成立しなかった場合は、黄体は自然に小さくなり、用意されていた子宮内膜が一気に剥がれ落ちます。
これが月経の仕組みですが、この子宮内膜が子宮の内腔以外にも出来てしまうのが子宮内膜症です。

子宮内膜症になると子宮内腔以外の場所でも毎月内膜が増殖・剥離出血をしてしまいます。
それは、その場所で内出血を起こすのと同様のことですので、痛みを伴ってきます。
症状としては月経時以外でも下腹部痛や腰痛を感じたり、尿意を催した時の下腹部痛、排便時痛、性交時痛、排卵痛となって現れます。

子宮内膜症には、腹腔内に赤紫色の小さな子宮内膜組織が出来る初期段階のブルーベリースポット、卵巣内にできる卵巣チョコレート嚢胞、ダクラス窩に子宮内膜ができるダグラス窩子宮内膜症などに分けることができます。

子宮内膜症の原因には、いくつかの説がありますが、まだはっきりと解明されていないのが現状です。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。