寝不足解消のために


日頃の寝不足を補おうとお休みの日にたくさん寝てしまおうと思っていませんか?

寝不足を補う寝だめは、時事通信の記事によれば「休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。」そうです。

寝不足解消するためには日頃の良い睡眠が大事で、良い睡眠のためにはできるだけ同じ時間に起きることが重要なんだそうです。

要するに規則正しい睡眠が寝不足解消のカギのようです。

私たちには「体内時計」といわれるものが身体に備わっていて休息と活動のリズムを作っています。

この体内時計が狂ってしまうと規則正しい睡眠が損なわれ、寝不足になってしまいます。

朝がなかなか起きられない、夜寝付けないなど睡眠不足の方は急増中のよですが、こういった睡眠障害は、体内時計の乱れが原因で起きているわけです。

たかが寝不足と思われるかもしれませんが、そのまま放置すれば、気力減退、疲労、体調不良などだけでなく、免疫機能や代謝機能などの生命維持のための基本的機能の低下を招いたり、うつ、認知症の危険性をも持っています。

お休みの日くらい遅くまでゆっくり寝ていたいと思っている方が多いと思いますが、快適な睡眠を確保するためには平日、休日の区別なく規則正しく朝起きることが結果的に寝不足解消となるようです。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。