白内障


白内障とは目の中のレンズの役割をしている水晶体が灰白色に濁り、物がかすんだり見えにくくなる目の病気です。

白内障になる原因はまだ解明されていませんが、水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が原因ではないかといわれているようです。

白内障は生まれつき水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もありますが、ほとんどの場合、加齢に伴う老人性白内障です。

年齢が上がるに従って白内障による視力低下は増えてきますが、目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などによる合併症の場合は若い内から白内障にかかることもあります。

白内障は、他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障でもなりやすいといわれています。

一度白内障になると点眼薬などで進行を抑えることはできても、水晶体の濁りはとれることはないため、元の視力を回復したい場合は今のところ手術以外にはないようです。

白内障を防ぐためには、バランスの良い食事を心がけまょう。
若々しさを保つビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEの他、大豆や玄米、緑黄色野菜を積極的にとりいれ、糖尿病など白内障の原因となる生活習慣病の予防をすることも肝心です。

またサングラスや保護眼鏡を使い、強い紫外線や放射線、赤外線から目を守るようにしましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。