生理痛の原因


生理痛には、子宮や卵管などに異常があって起こる生理痛と、特に異常はないのに起こる生理痛があります。

生理痛でも子宮や卵管に異常がある場合、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症といった病気があるかもしれませんので婦人科に相談した方がよいと思います。

さて、生理痛でも子宮や卵管に異常がないのに起こる生理痛を機能性生理痛といっています。

この生理痛の原因を大まかにいってしまうと子宮収縮ホルモンが多い、子宮口が狭いなどの原因が考えられますが、ストレスなどの心理的要因もそのひとつと考えられています。

生理の時、剥がれ落ちた子宮内膜を外に出すために「プロスタグランジン」というホルモンが子宮内膜出てきます。
このホルモンの分泌が多すぎると過度な子宮収縮が起こり、血流が悪くなって生理痛となるといわれています。
月経困難症の方にはプロスタグランジンの濃度が高いことがわかっています。

また子宮頸管といって子宮の出口にあたるところが狭く、生理痛になる方がいます。子宮の発育が完全でない時や、出産経験がない場合に生理痛が起こりやすくなるようです。

ストレスや過労、不規則な生活やバランスのとれていない食生活も自律神経の失調状態をおこし生理痛につながることがあります。
冷えすぎなども血流を悪くし、生理痛の原因となりますので薄着をしないで暖かい服装で過ごしましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。