コンタクトレンズ


コンタクトレンズとは、視力を矯正するための高度管理医療機器に指定された医療機器です。

コンタクトレンズには大きく分けてハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズがあります。

その中には使い捨てのコンタクトレンズや遠近両用コンタクトレンズ、乱視用のコンタクトレンズや円錐角膜用コンタクトレンズ、またカラーコンタクトレンズなどもあります。

ハードコンタクトレンズは硬めのプラスチックで出来ており、耐久性に優れています。
最近では酸素透過性ハードコンタクトレンズが主流で安全性も良くなっています。ソフトコンタクトレンズに比べ、酸素透過率が高いので長時間の装着も可能となっており、視界も良く、経済的なコンタクトレンズです。

ソフトコンタクトレンズは、水を含んだ柔らかいプラスチックで出来たコンタクトレンズで、ハードコンタクトレンズでは目が痛くて合わなくてもソフトであれば装着可能な方もいらっしゃいます。ハードコンタクトレンズに比べ、異物感が少なく、激しいスポーツでも安心してつけることができます。

コンタクトレンズは医療機器であるため、購入するためには医師の診察が必要となります。
ドライアイや角膜障害など、眼科医が不適当と判断する場合にはコンタクトレンズは装用できませんし、装着時間も眼科医の指示に従うこととなります。

眼に障害を起こしたり、レンズにキズが付いていたりする場合もありますのでコンタクトレンズを使用するときは、眼科医から指示された定期検査は必ず受けましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。