アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎とは、アレルギー疾患の1つで、かゆみを伴う発疹が繰り返し出現する皮膚病です。

アレルギー疾患でもアレルギー性鼻炎は鼻や目などが痒くなりますが、アトピー性皮膚炎は皮膚がとても痒くなります。

アトピー性皮膚炎の方の80%は5歳までに発症しています。
アトピー性皮膚炎の原因は明確にはわかっていませんが、遺伝的要素が強いのではないかといわれています。

他にもアトピー性皮膚炎の原因として食物やダニ・ハウスダストや皮膚の細菌やストレスといったアレルゲンが考えられ、アトピー性皮膚炎を悪化させているといわれています。

アトピー性皮膚炎の症状としては、主に次のような症状があります。

・皮膚が乾燥し強い痒みを伴う
・関節を中心に発症し、耳切れを起こす。
・湿疹がある部分がじゅくじゅくする。
・鳥肌のようにザラザラし、皮膚が次第に厚くなる。
・眉毛の外側が薄くなる。
・広範囲にわたって慢性湿疹がでる。

アトピー性皮膚炎治療の基本は、日常生活における悪化要因の探索と除去、炎症を予防するスキンケア、炎症を抑える薬物療法の
3つです。

ダニやハウスダストといったアレルゲンは、普段からのこまめな掃除により室内を清潔に保つことでかなり減らすことができます。寝室の掃除や換気を念入りにすることによりアトピー性皮膚炎の症状が軽くなることもありますので、日常生活で工夫してみてください。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。